非常用電源・予備電くんとは

震災の影響を受けて、どこの家庭も今年は夏~冬にかけて電力不足となりそうです。計画停電中はクーラーも電気も使えない不便な状況になるので、今から対策を考えておかなければなりません。

そこで今、「非常用電源セット・予備電くん」に注目してみたいと思います。

予備電くんは、家庭用電源からバッテリーを充電し、停電などで電気が必要になったときに変圧器を使って充電したバッテリーから電気を取りだせるという特徴をもっています。

ケータイ電話の充電、小型扇風機の利用など、比較的電気消費量が小さいと呼べる家電製品を停電中でも使うことが出来るようになる優れたアイテムです。

非常用電源セットの「予備電くん」は、停電時にバッテリー(DC12V)からインバーターで家庭用電源(AC100V)に変換しコンセントが使えます。無停電時に専用充電器で充電することによって、繰り返しバッテリーを使うことができます。パソコンや携帯電話用充電器、水槽など大きな電化製品以外の電源供給に役立ちます。(300ワット以内)

LED照明(13W)が10時間以上使用可能なので、計画停電がはじまればかなり重宝するでしょう。
充電時間は放電量にもよりますが50%の残量の場合6A充電で5時間程度かかります。充電器は過充電防止装置が付いていますので過充電によるバッテリーの劣化を防ぎます。



カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。