停電時も涼しいUSB&充電式扇風機

計画停電中の暑さ対策としては、USB接続型の小型扇風機を使う、という方法があげられます。

USB&充電式扇風機は、その名の通り扇風機とパソコンをUSBでつなぐだけでOKなので、わざわざコンセントから電力を供給してもらうこともありません。

コンパクトなサイズなので、テーブルやデスクの上にも置けます。たとえばパソコン作業が多い社会人の方などは、ちょっと暑いな、と感じたら、扇風機のUSBポートをパソコンのジャックに挿すだけで涼しい風を堪能できます。

が、停電時にPCを動かす場合、PCの内臓バッテリーに蓄えられた電力を使用します。つまり、バッテリーの電力が切れたらそれまで。PCの内臓バッテリーは満充電なら10時間ほどもつものもあるそうですが、PCで作業し、なおかつ扇風機も利用していた場合は、充電の減りも早いでしょう。
そんな場合は、USB扇風機のほかに、充電式扇風機、ソーラー扇風機などを利用するのもいいかと思われます。

充電式扇風機は、あらかじめ3.5時間ほど充電しておけば、そのあと強運転で約6時間、弱運転で約8時間を、充電なしで扇風機を利用続けることができます。(参考:ポーダブル充電ファン・ジャンティ)本体はUSB扇風機より少し大きめですが、キッチンやトイレなどに置くにはちょうど良いサイズですし、なによりコードレスなので野外に簡単に持ち出せる手軽さがすばらしいです。充電しながら運転させることも出来ます。なおかつ、赤外線センサーの付いている充電式扇風機なら、人がいなくなると自動的に電源を切ってくれるので無駄な電力を抑えることもできます(※センサー機能をOFFにすれば風を送り続けることもできます)

USB接続型や充電式の扇風機じゃやっぱり風量が足りない、と感じることもあるかと思いますが、空調がが使えなくなる計画停電の時間帯には、かなり頼れる存在になるでしょう。

なお、充電式やUSB接続式の扇風機にはだいたい使用期間が決められています。3~4年間くらいです。

楽天やamazonといった通販サイトでUSB&充電式の扇風機が複数紹介されていますが、計画停電が夏まで続く、という報を受け、慌てて購入する方々が相次いでいるようです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。