auのソーラー携帯電話

東北地方太平洋沖地震のときに、その重要性をあらためて確認することとなったのが「携帯電話」の存在です。

通話はできずとも、メール、ないしはネットにつないでツイッターなどで、家族や友人の安否確認をした方も大勢いらっしゃったのではないでしょうか。

今回は東京都内でも帰宅苦難民者が沢山いましたが、携帯で地図を確認して歩いて帰ったり、避難所の情報などを携帯で確かめたりと、携帯は電話だけではなく困ったときに別のツールとして利用することができる頼れる存在です。

しかし、携帯の難点は「電池切れ」です。

被災地などで電力が足りなかったり、計画停電で充電が出来なかったり・・・さまざまな理由で充電が満足におこなえず、携帯電話を利用できなくなるといったケースも存在するわけです。

そこで、「ソーラー充電タイプの携帯電話」があるのかどうかを調べてみました。

auからは「SOLAR PHONE SH002」という名前で、世界初の防水機能付き&ソーラー充電できるケータイが発売されていました。

「SOLAR PHONE SH002」は急な電池切れ時もソーラー充電することで携帯が使えるようになります。

晴れた日なら10分間の充電で通話の場合約1分間程度、待受の場合約2時間程度の利用が可能です。

また、電池容量をパーセントで表示し、電池残量を具体的に把握できる「バッテリーメーター」を搭載しているので残量確認がとてもわかりやすくなっています。防水機能付きなのです、突然の雨や水しぶきにも安心です。

バッテリー切れの状態からでも充電ができるのがありがたいですね。充電器の補助的なあつかいではあるものの、電力が供給されていない環境でこの機能はかなり役立ちそうです。

この携帯で利用されているソーラーパネルは住宅用のものと同じセルを採用しているようです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。