きつい日差しにグリーンカーテン

夏場の日差しはとてもきついです。空調のきかない部屋はサウナ状態になり、そこに長時間いただけで脱水症状を起こしてしまった・・・なんて事故にも繋がりかねません。

計画停電は、昼~午後など、太陽が活発な時間帯におこなわれる場合もあります。そのため、停電中の室内をいかに「暑すぎない」状態に保てるかどうかが大事になってきます。

解決策のひとつとして、「グリーンカーテン」をつけるという方法があげられます。

グリーンカーテンとは、窓全体に張りめぐらせたネットに、ツル系の植物をからませて窓を覆うものです。植物が窓からの日差しをさえぎってくれるので、室内温度の上昇が抑制されます。また、植物の蒸散作用によって周囲を冷やすことが期待できるので、省エネに有効な技のひとつです。
植物は、根から水分を吸いあげて葉っぱに運びます。その水分を水蒸気の状態で排出し、気温の上昇を抑えます。この作用を蒸散作用といいます。

グリーンカーテンのおかげで室内の温度が下がれば、エアコンの使用も控えるようになり、電気代の節約にもつながります。また、グリーンカーテンにはあじさい、ゴーヤ、きゅうりなどの植物が育っていく過程を観察できるので、お子様にも喜ばれるでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。