真夏の窓に断熱シート

今年の夏は計画停電が予定されているため、どこの家庭でも冷房などが満足に利用できない日々が続くことが予想されます。そのため、今から少しでも真夏の暑さを緩和させるための策を考えておかなければなりません。

まずは窓から注ぐ鋭い太陽光をどうにかするため、耐熱シートや遮光シートなどを窓ガラスに取り付けることをおすすめいたします。

耐熱シートは夏は外の空気を遮断し、冬は外の冷気を遮断し、室内の冷気や暖気が外に逃げていくのを抑えてくれる力をもっています。計画停電が始まる前に部屋を適度に冷やしておき、はじまったら断熱シートをつけて小型充電式の扇風機などを回せば、かなり快適に過ごせるのではないかと思われます。

遮光・断熱シートの取りつけはとても簡単です。付属の吸盤付きフックを窓につけてシートを掛けるだけです。

西日の入る部屋などは、とくに貼っておいたほうがいいでしょうね。2500円ほどの値段で、布団サイズのものが2枚入りで売っています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。